【クーポン配布中】チケット割引&ポイント還元!Wでお得>>

レゴランドの年パス更新はいつまで?現地とウェブ手続きどっちがオススメ?手順や注意点を図解付きで解説!

当ページのリンクには広告が含まれています
  • URLをコピーしました!
この記事はこんな方にオススメ
  • レゴランドの年パスの期限が切れちゃった!まだ更新手続き間に合うかな?!
  • 更新手続きをしたいけど、ウェブでするのと現地でするの、どっちの方がいいのかな?

年に2〜3回の来園で元が取れるレゴランド・ジャパンの年パス。

子どもが園児&小学生のうちは「子どもたちレゴランド大好きだし、今年も年パス買っちゃおうか!」という方も多いと思います。

この記事では、レゴランド・ジャパンの年パス更新を予定している方に向けて、ウェブ手続きとパークでの手続き、どっちがオススメ?という疑問にお答えしていきます!

結論としては、レゴランド・ジャパンの年パス更新はウェブ手続きが便利!

ウェブ手続きの利点や注意点、手順を図解付きでご紹介していきます。

年パスの更新期限はいつまで?などの基本的な年パス更新情報や、パークで直接更新手続きをする場合の手続き場所や必要な持ち物もご紹介。

スムーズに年パス更新が行えるよう、お役に立てると嬉しいです!

レゴランド・ジャパンの年パスを毎年更新中。
これから更新を迎えるみなさんの参考になるよう、図解付きで解説していくね!

これからチケットを買うなら

\30秒で完了!会員登録するだけで5%オフ
日付変更もできて安心/

目次

レゴランド年パスの更新価格

入場可能日や特典割引率などお得度が異なる3種類の年間パスポート「スターター」「スタンダード」「プレミアム」の更新価格はこの通り。

おとな
(19歳〜)
こども
(3〜18歳)
スターター8,900円5,900円
スタンダード12,600円8,300円
プレミアム16,000円12,400円

レゴランド年パスの更新期間はいつからいつまで?

しまった!更新しようと思ってたのに、年パスの期限切れちゃった!また新規で購入し直さなきゃいけないのかな・・

大丈夫!年パスの更新期間は「年パス期限日の45日後まで」なので、少し過ぎてしまっても更新できるよ!

年パスの更新期間は「有効期限日の90日前から期限日の45日後まで」。

例えば今持っている年パスの期限が“2023年8月28日”までの場合、更新できる期間は“2023年5月30日(90日前)から2023年10月12日(45日後)の間”ということです。

年パス期限日を過ぎても猶予期間があるのは嬉しいね!

更新期間を過ぎると「更新価格」では購入できず「新規購入」になるので注意!

更新後の有効期限はどうなる?

  • 有効期限日よりも前に更新手続きをした場合は、今持っている年パスの有効期限日から1年+7日間
  • 有効期限日後(45日以内)に更新手続きをした場合は、更新手続き日から1年+7日間

年パスが切れるギリギリに遊びに行って、有効期限日から45日後のタイミングでWEBでサクッと更新手続きをするとちょっと得した気分♪

レゴランド年パスの更新方法

方法は「ウェブ手続き」と「現地での手続き」のふたつ。

ここではウェブ手続きの手順と、現地で更新する際の場所や必要書類についてご紹介していきます。

ウェブ手続き手順

  1. 公式サイト年パス更新ページより「今すぐ更新」を選択
  2. 年パスの種類を選択
  3. 枚数を選択し「次へ」
  4. 年間パスポート【更新】を選択し、必要項目を入力し「検索」
  5. 必要項目を入力し顔写真を登録
  6. 支払い手続き
  7. 更新手続き完了!

来園時には、ご注文内容の確認メール内の「Eチケットを表示する」をクリックすると表示されるバーコードを入場ゲートで提示すればOKです!

  • ウェブ更新での決済方法はクレジットカードのみ。
    バーコード決済など、その他の支払い方法を利用したい場合は現地で手続きを。
    レゴランドの支払い方法についてはこちらの記事
  • プラスチックカードを希望の場合は、別途発行手数料500円が必要

おまけ:レゴランドアプリを利用中の方向け

アプリでの年パス情報更新は下記の手順で行えます

  1. 「来園準備」から「チケット・ウォレット」を選択
  2. 「チケットを登録する」を選択
  3. ご注文内容の確認メール内の注文番号とメールアドレスを入力して「検索」
  4. これでアプリへの年パス登録が完了!

*アプリに登録した旧年パス情報は自動的には消えません。年パス画面を開くと「チケット情報を削除」というボタンがあるので、そこから削除できます。

現地(パーク)での手続きについて

手続き場所

パークでの手続き場所は「チケットカウンター」「ゲスト・サービス」の2ヶ所。

チケットカウンターはパーク外、ゲストサービスはパーク内にあるので、期限を過ぎた年パスを更新する場合は「チケットカウンター」での手続きになります。

更新に必要なもの

  • 本人確認書類(氏名と生年月日が記載されているもの:運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 今持っている年パスの提示

手数料は必要?

年パス更新の手続きを窓口で行なったとしても、手数料はかかりません。

ただし、プラスチックカードの年パスを希望の場合は、別途発行手数料500円が必要です。

現地でも更新手続きはできるけど、基本的にはウェブでの更新がオススメ!
並ぶ必要がなく、当日の遊ぶ時間を削らずに済むよ♪
ただ、ウェブでの購入はクレジットカード決済のみなので、バーコード決済などを利用したい場合はパークにて!

年パスのアップグレードもできる?

スターターを買ったけど、土日にも行きたいからやっぱりスタンダードに変えたいな

毎回レストランを利用するし、混んでいる日に並ばずに入場できるのは魅力!プレミアムに変えちゃおう

など、最初に買った年パスをグレードアップしたくなる事情が出てくることも。

そんなときには、「チケットカウンター」もしくは「ゲストサービス」で年パスのアップグレード手続きができます!

差額については年パスの種類や手続きのタイミングによるので、現地で確認してね。

年パス管理はアプリが便利

年パスをお持ちの方は、アプリに年パス情報を登録することでデジタルパスポートとして使用することができます。

家族の代表者だけでなく、夫婦揃ってアプリに年パス情報を登録することもできるので、「今日は大人は一人だけしか行けない」「ちょっと荷物を置きに行くから一人だけ再入場したい」などのシーンにも便利です。

プラカードの年パスと違って忘れる心配や落とす心配は少ないですが、スマホの電源が切れてしまうことのないようにだけお気をつけくださいね。

アトラクション以外も楽しいから飽きない

レゴランドはアトラクションだけでなく「定期的にテーマが変わるワークショップ」や「参加型が楽しいシーズンイベント」などが魅力。

お子さんには「公園代わりにもなるアスレチックエリア」や「レゴ好きにはたまらないブロックプレイエリア」なども人気です。

まとめ

レゴランドの年パス更新は現地でもウェブでもどちらでも手続き可能!

ウェブでの手続きなら列に並ぶ必要がなく当日の遊ぶ時間を削らずに済むことや、更新手続きギリギリ(期限日から45日)に更新をすることができるのが魅力。

クレジットカード決済のみなので、「クレジット決済で問題ないよ!」という方は迷わずウェブ手続きを^^

来園前にサクッと更新手続きを済ませて、また1年間、レゴランドを満喫しましょう♪

レゴランドチケットは
アソビュー!での購入がオススメ

\窓口より1枚につき最大1575円安く買える/
日付変更できて安心/

アソビュー!のメリットや注意点、
登録方法などを詳しく解説

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次